都市計画法に関する次の記述のうち、正しいもの
はどれか。

 

1 開発行為に関する設計に係る設計図書は、
開発許可を受けようとする者が作成したもので
なければならない。

 

解答×開発行為に関する設計に係る設計図書に
ついては、その開発行為が1ha以上の場合には
一定の資格を有する者が作成したものでなければ
ならないとされるのみである。

 

2 開発許可を受けようとする者が都道府県知事
に提出する申請書には、開発区域内において
予定される建築物の用途を記載しなければ

ならない。

 

解答○都市計画法30条1項より正しい。

 

3 開発許可を受けた者は、開発行為に関する
工事を廃止したときは、その旨を都道府県知事に
報告し、その同意を得なければならない。

 

解答×開発行為に関する工事を廃止したときは、
遅滞なく、その旨を都道府県知事に届け出れば
よく、その同意までは不要である。

 

4 開発許可を受けた開発区域内の土地に
おいては、開発行為に関する工事完了の公告が
あるまでの間であっても、都道府県知事の承認を
受けて、工事用の仮設建築物を建築することが
できる。

 

解答×開発許可を受けた開発区域内の土地に
おいて開発行為に関する工事完了の公告が
あるまでの間にする工事用の仮設建築物の

建築に都道府県知事の承認
は不要である。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法