AはBの代理人として、B所有の甲土地をCに
売り渡す売買契約をCと締結した。
しかし、Aは甲土地を売り渡す代理権は有して
いなかった。この場合に関する次の記述のうち、
民法の規定及び判例によれば、誤っているものは
どれか。

 

1 BがCに対し、Aは甲土地の売却に関する
代理人であると表示していた場合、Aに甲土地を
売り渡す具体的な代理権はないことを過失により
知らなかったときは、BC間の本件売買契約は
有効となる。

 

解答×CはAが売却に関する代理権を有しないこと
について善意ではあるが、善意であることに
ついて過失があるので表見代理は成立しない。
よってBC間の売買契約は無効となる。

 

2 BがAに対し、甲土地に抵当権を設定する
代理権を与えているが、Aの売買契約締結行為は
権限外の行為となる場合、甲土地を売り渡す
具体的な代理権がAにあるとCが信ずべき正当な
理由があるときは、BC間の本件売買契約は有効
となる。

 

解答○「甲土地を売り渡す具体的な代理権がAに
あるとCが信ずべき正当な理由がある」という
表現より、Aが売却に関する代理権を有しないこと
についてCが善意無過失であると判断できる。
よって表見代理が成立するのでBC間の売買契約
は有効となる。

 

3 Bが本件売買契約を追認しない間は、Cは
この契約を取り消すことができる。
ただし、Cが契約の時において、Aに
甲土地を売り渡す具体的な代理権がないことを
知っていた場合は取り消せない。

 

解答○無権代理行為の相手方は本人が追認しない間
は契約を取消すことができる。
ただし、無権代理行為の相手方が契約のときに
無権代理であることについて悪意の場合は取消す
ことができない。
本肢のCは契約のときに無権代理であることに
ついて悪意であるから取り消すことはできない。

 

4 Bが本件売買契約を追認しない場合、Aは、
Cの選択に従い、Cに対して契約履行又は
損害賠償の責任を負う。
ただし、Cが契約の時において、Aに甲土地を
売り渡す具体的な代理権はないことを知っていた
場合は責任を問われない。

 

解答○無権代理人の相手方が契約時から代理人に
代理権限がないことについて悪意であった場合には、
本人の追認が得られなかった場合にも無権代理人に
対する責任追及はできない。
無権代理人の相手方が代理人に代理権限がないこと
について悪意であれば本人の追認が
得られなかったとしても不測の損害を被ることは
ないからである。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら