AがB所有の建物について賃貸借契約を締結し、
引渡しを受けた場合に関する次の記述のうち、
民法の規定及び判例によれば、誤っているものは
どれか。

 

1 AがBの承諾なく当該建物をCに転貸しても、
この転貸がBに対する背信的行為と認めるに
足りない特段の事情があるときは、BはAの
無断転貸を理由に賃貸借契約を解除することは
できない。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 AがBの承諾を受けてDに対して当該建物を
転貸している場合には、AB間の賃貸借契約が
Aの債務不履行を理由に解除され、BがDに
対して目的物の返還を請求しても、AD間の
転貸借契約は原則として終了しない。

 

解答×賃貸人が債務不履行を理由として
原賃貸借契約を解除する場合の解除の効果は
転借人にも対抗しうる。
したがって転貸借契約は終了する。

 

3 AがEに対して賃借権の譲渡を行う場合の
Bの承諾は、Aに対するものでも、Eに
対するものでも有効である。

 

解答○賃貸人がする賃借権の譲渡の承諾は譲渡人、
譲受人いずれに対してなされても良い。

 

4 AがBの承諾なく当該建物をFに転貸し、
無断転貸を理由にFがBから明渡請求を受けた
場合には、Fは明渡請求以後のAに対する賃料の
一部又は一部の支払を拒むことができる。

 

解答○賃借権の無断での譲渡や転貸があった場合、
賃貸人は賃借権の譲受人や転借人に対して
原賃貸借契約を解除することなく明渡請求をする
ことができる。
無断転貸を理由に転借人が明渡請求を受ければ、
以降、使用収益することができなくなるのだから
当然、明渡請求以後の転貸人に対する賃料の一部
又は一部の支払を拒むことができることになる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法