売買契約の解除に関する次の記述のうち、民法の規定
及び判例によれば、正しいものはどれか。

 

1 買主が、売主以外の第三者の所有物であることを
知りつつ売買契約を締結し、売主が売却した当該
目的物の所有権を取得して買主に移転することが
できない場合には、買主は売買契約の解除はできるが
損害賠償請求はできない。

 

解答○条文どおり。他人物売買であることを知って
いる買主は所有権を取得できなかったとしても不測
の損害を被ることはないからである。

 

2 売主が、買主の代金不払を理由として売買契約を
解除した場合には、売買契約はさかのぼって消滅
するので、売主は買主に対して損害賠償請求は
できない。

 

解答×確かに解除には遡及効があるが、損害賠償請求
はできる。

 

3 買主が、抵当権が存在していることを知りつつ
不動産の売買契約を締結し、当該抵当権の行使に
よって買主が所有権を失った場合には、買主は、
売買契約の解除はできるが、売主に対して損害賠償
請求はできない。

 

解答×損害賠償は認められる。抵当権の存在を知って
いる買主と言えども当然、売主が責任をもって
抵当権を抹消するものと期待するはずだからである。

 

4 買主が、売主に対して手付金を支払っていた場合
には、売主は、自らが売買契約の履行に着手する
までは、買主が履行に着手していても、手付金の倍額
を買主に支払うことによって、売買契約を解除
することができる。

 

解答×手付解除は自らが履行に着手していても相手方
が履行に着手するまではできる。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら