Aは、土地所有者Bから土地を賃借し、
その土地上に建物を所有してCに賃貸している。
AのBに対する借賃の支払債務に関する次の記述の
うち、民法の規定及び判例によれば、正しいものは
どれか。

 

1 Cは、借賃の支払債務に関して法律上の
利害関係を有しないので、Aの意思に反して、
債務を弁済することはできない。

 

解答×借地上の建物の賃借人は借地の借賃の
支払債務に関して法律上の利害関係人となる。
よって建物の賃借人Cは借地権者Aの意思に
反しても債務を弁済することができる。

 

2 Aが、Bの代理人と称して借賃の請求をして
きた無権限者に対し債務を弁済した場合、その者に
弁済受領権限があるかのような外観があり、Aが
その権限があることについて善意、かつ、無過失で
あるときは、その弁済は有効である。

 

解答○債権者の代理人と称して借賃の請求を
してきた無権限者に対し債務を弁済した場合
債権の準占有者に対する弁済の規定が類推適用
される。
本肢ではその者に弁済受領権限があるかのような
外観があり、弁済者Aがその権限があることに
ついて善意、かつ、無過失だから弁済は有効で
ある。

 

3 Aが、当該借賃を額面とするA振出しに係る
小切手 (銀行振出しではないもの) をBに
提供した場合、債務の本旨に従った適法な弁済の
提供となる。

 

解答×個人振出しの小切手は一般的には債務の
本旨に従った適法な弁済の提供とはならない。

 

4 Aは、特段の理由がなくても、借賃の
支払債務の弁済に代えて、Bのために弁済の目的物
を供託し、その債務を免れることができる。

 

解答×債権者の受領拒絶や受領不能がある場合に、
債務者は弁済の目的物を供託し、その債務を免れる
ことができるのであって、特段の理由がなければ
供託によって債務を免れることはできない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら