造成された宅地及び擁壁に関する次の記述のうち、
誤っているものはどれか。

 

1 盛土をする場合には、地表水の浸透により、
地盤にゆるみ、沈下又は崩壊が生じないように
締め固める。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 切土又は盛土したがけ面の擁壁は、
鉄筋コンクリート造、無筋コンクリート造又は
練積み造とする。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 擁壁の背面の排水をよくするために、耐水材料
での水抜き穴を設け、その周辺には砂利等の透水層
を設ける。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 造成して平坦になった宅地では、一般に
盛土部分に比べて切土部分で地盤沈下量が大きく
なる。

 

解答×一般に切土部分に比べて盛土部分で
地盤沈下量が大きくなる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法