物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び
判例によれば、誤っているものはどれか。

 

なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の
対象となる目的物について、その払渡し又は
引渡しの前に他の債権者よりも先に差し押さえる
ものとする。

 

1 不動産の売買により生じた債権を有する者は
先取特権を有し、当該不動産が賃借されている
場合には、賃料に物上代位することができる。

 

解答○不動産の売買により生じた債権を有する者は
不動産売買の先取特権を有する。
不動産売買の先取特権を有するものは本肢のように
当該不動産が賃借されている場合には、賃料に
物上代位することができる。

 

2 抵当権者は、抵当権を設定している不動産が
賃借されている場合には、賃料に物上代位する
ことができる。

 

解答○抵当権者は債務不履行後は賃料に対して
物上代位できる。

 

3 抵当権者は、抵当権を設定している建物が火災
により焼失した場合、当該建物に火災保険が
付されていれば、火災保険金に物上代位することが
できる。

 

解答○火災保険金は抵当権の目的物であった建物の
価値代替物であるから、抵当権者は物上代位する
ことができる。

 

4 不動産に留置権を有する者は、目的物が
金銭債権に転じた場合には、当該金銭に物上代位
することができる。

 

解答×留置権に認められているのは留置的効力だけ
であり、物上代位性は認められていない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法