宅地建物取引業者A (消費税納税事業者) が、
B所有の居住用建物について、媒介により貸主B
と借主Cとの賃貸借契約を成立させた場合に
ついて、Aが受けることのできる報酬額について、
誤っているものはどれか。
なお、建物の1月分の借賃は9万円とする。

 

1 Aは、BとCの承諾を得たときは、Bから
94,500円、Cから94,500円を受領
できる。

 

解答×居住用建物の賃貸借契約の媒介の場合に
受領できる報酬額の上限は、原則として貸主、
借主共に1月分賃料の0.525倍までとなる。

 

2 Aは、Bの承諾を得たときは、Bのみから
94,500円を受領できる。

 

解答○肢1の解説の例外として、当事者の承諾
があれば、一方から1月分賃料の1.05倍まで
報酬を受領することができる。
ただし、この場合でも貸主、借主双方から
受け取ることができる報酬額の合計の上限は
1月分賃料の1.05倍までとなる。

 

3 Aは、Bから47,250円、Cから
47,250円を受領できる。

 

解答○居住用建物の賃貸借契約の媒介の場合に
受領できる報酬額の上限は、原則として貸主、
借主共に1月分賃料の0.525倍までとなる。

 

4 Aは、Bの承諾を得たときは、Bから
70,000円、Cから24,500円を受領
できる。

 

解答○肢2解説参照。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら