売主A、買主Bの間の宅地の売買について
宅地建物取引業者Cが媒介をした場合の次の記述の
うち、宅地建物取引業法 (以下この問いにおいて
「法」 という。) に違反しないものはどれか。

 

1 Cは、取引主任者をして法第35条に基づく
重要事項の説明 (以下この問において 「重要事項」
という。) を行わせたが、AとBの同意が
あったため、法第37条の規定に基づく契約内容を
記載した書面 (以下この問において「契約書面」と
いう。) を交付しなかった。

 

解答 違反する。
売主、買主双方の同意があっても37条書面の交付は
省略できない。

 

2 Cの従業者である取引主任者がBに対して
重要事項説明を行う際に、Bから請求が
なかったので、宅地建物取引主任者証を提示せず
重要事項説明を行った。

 

解答 違反する。
宅建業法35条4項によると「取引主任者は、前三項の
説明をするときは、説明の相手方に対し、
取引主任者証を提示しなければならない。」と
される。
請求がなくても宅地建物取引主任者証を提示する
必要がある。

 

3 Cは、AとBの契約が成立したので、
取引主任者に記名押印させ、AとBに対して
契約書面を交付したが、両者に対して書面に
記載された事項を説明しなかった。

 

解答 違反しない。
37条書面に関して宅建業者に課されているのは
交付義務だけである。
37条書面についての説明義務はない。

 

4 AとBどちらからも、早く契約したいとの
意思表示があったため、Cは契約締結後に
重要事項説明をする旨AとBの了解を得た後に
契約を締結させ、契約書面を交付した。

 

解答 違反する。
重要事項説明は必ず契約成立までの間に行う必要
がある。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら