宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に
規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、
誤っているものはどれか。

 

1 宅地の売買の媒介において、当該宅地に係る
移転登記の申請の予定時期については、
説明しなくてもよい。

 

解答○移転登記の申請の予定時期は重要事項の
説明事項には該当しない。
なお、37条書面では必要的記載事項となる。

 

2 宅地の売買の媒介において、当該宅地が造成に
関する工事の完了前のものであるときは、
その完了時における形状、構造並びに宅地に接する
道路の構造及び幅員を説明しなければならない。

 

解答○宅建業法35条1項5号、同施行規則16条より
正しい。

 

3 宅地の売買の媒介において、天災その他不可抗力
による損害の負担を定めようする場合は、その内容を
説明しなければならない。

 

解答×天災その他不可抗力による損害の負担に関する
定めは重要事項の説明事項には該当しない。
なお、37条書面では任意的記載事項となる。

 

4 宅地の貸借の媒介において、借地借家法第22条
で定める定期借地権を設定しようとするときは、
その旨を説明しなければならない。

 

解答○宅建業法35条1項14号、同施行規則16条の4の3
第8号により正しい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法