宅地建物取引業者Aが自ら売主となって宅地建物
の売買契約を締結した場合に関する次の記述の
うち、宅地建物取引業法の規定に違反するものは
どれか。
なお、この問において、AとC以外の者は
宅地建物取引業者ではないものとする。

 

1 Bの所有する宅地について、BとCが
売買契約を締結し、所有権の移転登記がなされる
前に、CはAに転売し、Aは更にDに転売した。

 

解答 違反しない。
BとCが売買契約を締結しているので、CはAに
転売できるし、Aが更にDに転売することも
できる。
BからCへの所有権の移転登記がなされているか、
どうかは関係ない。

 

2 Aの所有する土地付建物について、Eが賃借
していたが、Aは当該土地付建物を停止条件付で
Fに売却した。

 

解答 違反しない。
賃貸している不動産であっても自己所有であれば、
全く問題なく売却できる。

 

3 Gの所有する宅地について、AはGとの
売買契約の予約をし、Aは当該宅地をHに転売
した。

 

解答 違反しない。
AがGとが売買契約の予約をしているので、Hに
転売する契約を結ぶことができる。
A、G間の売買契約は予約でも問題ない。

 

4 I の所有する宅地について、Aは I と
停止条件付で取得する売買契約を締結し、
その条件が成就する前に当該物件についてJと
売買契約を締結した。

 

解答 違反する。
本肢ではAI間の売買契約に停止条件が付いて
いるので、条件が成就するまでは転売する契約を
締結することは許されない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法