宅地建物取引業の免許 (以下この問において
「免許」という。) に関する次の記述のうち、
正しいものはどれか。

 

1 Aの所有するオフィスビルを賃借している
Bが、不特定多数の者に反復継続して転貸する
場合、AとBは免許を受ける必要はない。

 

解答○自ら賃貸する行為は宅建業に該当しない。

 

2 建設業の許可を受けているCが、
建築請負契約に付随して、不特定多数の者に
建物の敷地の売買を反復継続してあっせんする
場合、Cは免許を受ける必要はない。

 

解答×不特定多数の者に建物の敷地の売買を
反復継続してあっせんする行為は宅建業に該当
する。

 

3 Dが共有会員制のリゾートクラブ会員権
(宿泊施設等のリゾート施設の全部又は一部の
所有権を会員が共有するもの) の売買の媒介を
不特定多数の者に反復継続して行う場合、Dは
免許を受ける必要はない。

 

解答×本肢の「共有会員制のリゾートクラブ
会員権」は「宿泊施設等のリゾート施設の全部
又は一部の所有権を会員が共有するもの」で
あるから、その売買の媒介は、宅地建物の売買
の媒介を不特定多数の者に反復継続して行う
行為であるといえる。

 

4 宅地建物取引業者であるE (個人) が死亡
し、その相続人FがEの所有していた土地を
20区画に区画割し、不特定多数の者に宅地と
して分譲する場合、Fは免許を受ける必要は
ない。

 

解答×F自身が、免許を受ける必要がある。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら