買主Aは、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の
売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、
民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

 

ア CがBの代理人であることをAに告げて
いなくても、Aがその旨を知っていれば、
当該売買契約によりAは甲地を取得することが
できる。

 

解答○顕名がなくても相手方がCが代理人である
ことを知っていた(悪意)か、うっかりしていて
知らなかった(善意有過失)場合には行為の効果
は本人に帰属することとなる。
よってAB間に売買契約は成立し、Aは甲地を
取得することができる。

 

イ  Bが従前Cに与えていた代理権が消滅した後
であっても、Aが代理権の消滅について
善意無過失であれば、当該売買契約によりAは
甲地を取得することができる。

 

解答○Aが代理権の消滅について善意無過失で
あれば代理権消滅後の表見代理が成立する。
表見代理が成立すると本人は相手方に対して
代理行為の無効を主張できなくなる。
よって当該売買契約によりAは甲地を取得する
ことができる。

 

ウ CがBから何らの代理権を与えられていない
場合であっても、当該売買契約の締結後に、
Bが当該売買契約をAに対して追認すれば、Aは
甲地を取得することができる。

 

解答○無権代理行為を本人が追認すると当該契約
は確定的に有効となる。
なお、追認は無権代理人、相手方のいずれに
対してなされてもかまわないが、無権代理人に
対して追認した場合には相手方がそれを
知らなければ追認したことを主張できない。

 

1 一つ

2 二つ

3 三つ

4 なし

解答3

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法