農地法に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 農地を一時的に資材置場に転用する場合は、
いかなる場合であってもあらかじめ農業委員会に
届出をすれば、農地法第4条第1項又は
同法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

 

解答×農地を一時的に資材置場に転用する場合で
あっても、原則的に農地法第4条第1項又は
同法第5条第1項の許可は必要である。

 

2 市街化区域内の農地を耕作の目的に供する
ために取得する場合は、あらかじめ農業委員会に
届け出れば、農地法第3条第1項の許可を受ける
必要はない。

 

解答×市街化区域内の農地・採草放牧地について
の農業委員会への届出ですむとする特例は
農地法3条にはない。

 

3 農業者が山林原野を取得して、農地として
造成する場合、農地法第3条第1項の許可を
受ける必要がある。

 

解答×取得しているのは山林原野であるから
農地法の許可は不要である。

 

4 農業者が自ら居住している住宅の改築に
必要な資金を銀行から借りるため、自己所有の
農地に抵当権を設定する場合、農地法
第3条第1項の許可を受ける必要はない。

 

解答○抵当権の設定は、使用収益権が発生せず、
農地法上の権利移動には該当しない。
したがって農地法上の許可は不要である。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法