建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 建築物の容積率の制限は、都市計画において
定められた数値によるものと、建築物の前面道路の
幅員に一定の数値を乗じて得た数値によるものが
あるが、前面道路の幅員が12m未満である場合
には、当該建築物の容積率は、都市計画において
定められた容積率以下でなければならない。

 

解答×前面道路の幅員が12m未満である場合には、
当該建築物の容積率は、都市計画において
定められた容積率と建築物の前面道路の幅員に一定
の数値を乗じて得た容積率のうち小さい方、以下で
なければならない。

 

2 建築物の前面道路の幅員に一定の数値を乗じて
得た数値による容積率の制限について、前面道路が
二つ以上ある場合には、それぞれの前面道路の幅員
に応じて容積率を算定し、そのうち最も低い数値と
なる。

 

解答×前面道路が二つ以上ある場合には、幅員が
最大の道路の幅員によって容積率を算定する。

 

3 建築物の敷地が都市計画に定められた計画道路
(建築基準法第42条1項第4号に該当するものを
除く。) に接する場合において、特定行政庁が
交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと
認めて許可した建築物については、当該計画道路を
前面道路とみなして容積率を算定する。

 

解答○都市計画法52条10項のとおり。

 

4 用途地域の指定のない区域内に存する建築物の
容積率は、特定行政庁が土地利用の状況等を考慮し、
都市計画において定められた数値以下でなければ
ならない。

 

解答×用途地域の指定のない区域内に存する建築物
の容積率は、特定行政庁が土地利用の状況等を
考慮し、当該区域を区分して
都道府県都市計画審議会の議を経て定める数値以下
でなければならないとされる。
容積率を都市計画で定めるわけではない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら