建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 2階建てで延べ面積が100平方メートルの
鉄骨造の建築物を建築する場合、構造計算は必要と
しない。

 

解答×鉄骨造の建築物は2階建て以上又は延床面積が
200㎡を超える場合には構造計算が必要となる。

 

2 5階建てで延べ面積が1,000平方メートル
の共同住宅の所有者は、当該共同住宅の敷地、構造
及び建築設備について、定期的に一級建築士等に
調査させなければならず、調査を担当した
一級建築士等は、その結果を特定行政庁に報告
しなければならない。

 

解答×延床面積が100㎡超の共同住宅の所有者は、
当該共同住宅の敷地、構造及び建築設備について、
定期的に一級建築士等に調査させなければならず、
その結果を特定行政庁に報告しなければならない。
所有者(所有者とは別に管理者がいる場合には
管理者)が特定行政庁に報告しなければならないの
である。

 

3 特定行政庁は、建築基準法施行令第9条に
規定する建築基準法関係規定である都市計画法
第29条に違反した建築物について、当該建築物の
所有者に対して、違反を是正するための措置を
命ずることができる。

 

解答×特定行政庁の違反是正命令の対象となるのは
建築基準法令の規定違反だけである。

 

4 便所には、採光及び換気のため直接外気に
接する窓を設けなければならないが、水洗便所で、
これに代わる設備をした場合においては、必ずしも
設ける必要はない。

 

解答○建築基準法36条、建築基準法施行令28条より
正しい。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら