都市計画法33条に規定する開発許可の基準のうち、
主として自己の居住の用に供する住宅の建築の用に
供する目的で行う開発行為に対して適用のあるもの
は、次のうちどれか。

 

1 予定建築物等の敷地に接する道路の幅員に
ついての基準

 

解答×主として自己の居住の用に供する住宅の建築
の用に供する目的で行う開発行為以外の開発行為に
だけ適用がある。

 

2 開発区域に設置しなければならない公園、緑地
又は広場についての基準

 

解答×主として自己の居住の用に供する住宅の建築
の用に供する目的で行う開発行為以外の開発行為に
だけ適用がある。

 

3 排水施設の構造及び能力についての基準

 

解答○主として自己の居住の用に供する住宅の建築
の用に供する目的で行う開発行為に対しても適用が
ある。

 

4 開発許可の申請者の資力及び信用についての
基準

 

解答×主として自己の居住の用に供する住宅の建築
の用に供する目的で行う開発行為以外の開発行為に
だけ適用がある。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら