次に掲げる開発行為のうち、開発行為の規模に
よっては、実施に当たりあらかじめ都市計画法の
開発許可を受けなければならない場合があるものは
どれか。

 

1 市街化区域内において行う、農業を営む者の
居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で
行う開発行為

 

解答 必要 市街化区域内なので1000㎡以上の
開発行為なら許可必要。(都市計画法29条1項。)

 

2 都市再開発法第50条の2第3項の再開発会社
が市街地再開発事業の施行として行う開発行為

 

解答 不要 市街地再開発事業の施行として行う
開発行為は許可不要。(都市計画法29条1項。)

 

3 車庫の建築の用に供する目的で行う開発行為

 

解答 不要 車庫、物置等の付属建築物の建築の用
に供する目的で行う開発行為は許可不要。
(都市計画法29条1項。)

 

4 変電所の建築の用に供する目的で行う開発行為

 

解答 不要 変電所の建築の用に供する目的で行う
開発行為は許可不要。(都市計画法29条1項。)

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら