Aは、自己所有の建物について、災害により居住建物
を失った友人Bと、適当な家屋が見つかるまでの
一時的住居とするとの約定のもとに、使用貸借契約を
締結した。
この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び
判例によれば、誤っているものはどれか。

 

1 Bが死亡した場合、使用貸借契約は当然に
終了する。

 

解答○使用貸借契約は借主が死亡すれば当然に
終了する。

 

2 Aがこの建物をCに売却し、その旨の
所有権移転登記を行った場合でも、Aによる売却の前
にBがこの建物の引渡しを受けていたときは、Bは
使用貸借契約をCに対抗できる。

 

解答×使用貸借権には対抗力がない。
使用貸借権は貸主の好意の上に成り立つ無償の権利で
あり、対抗力を与えるのは妥当ではないからである。

 

3 Bは、Aの承諾がなければ、この建物の一部を、
第三者に転貸して使用収益させることはできない。

 

解答○594条2項どおり。

 

4 適当な家屋が現実に見つかる以前であっても、
適当な家屋を見つけるのに必要と思われる客観的な
時間を経過した場合は、AはBに対し、この建物の
返還を請求することができる。

 

解答○597条2項但し書きどおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら