土地に関する次の記述のうち、誤っているものは
どれか。

 

1 旧河道は軟弱で水はけの悪い土が堆積している
ことが多く、宅地として選定する場合は注意を
要する。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 切土斜面は、掘削後時間とともに安定化が
進むので、切土掘削直後の斜面安定が確認できれば
以後は安心である。

 

解答×切土斜面は、切土掘削した直後には斜面安定
が確認できても、雨などにより不安定になることが
ある。

 

3 建物の基礎の支持力は、粘土地盤よりも
砂礫地盤の方が発揮されやすい。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 台地は、一般に水はけがよく地盤が安定して
いるので宅地に適する。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法