A所有の土地の占有権がAからB、BからCと
移った場合のCの取得時効に関する次の記述の
うち民法の規定及び判例によれば、正しいもの
はどれか。

 

1 Bが平穏・公然・善意・無過失に所有の意思
をもって8年間占有し、CがBから土地の譲渡を
受けて2年間占有した場合、当該土地の
真の所有者はBではなかったとCが知っていた
としても、Cは10年の取得時効を主張できる。

 

解答○Cが前占有者Bの占有期間もあわせて
取得時効を主張するときには、Bの善意、悪意も
引き継ぐ。
本肢ではBが善意なのでCは10年の取得時効を
主張できる。

 

2 Bが所有の意思をもって5年間占有し、Cが
Bから土地の譲渡を受けて平穏・公然に5年間
占有した場合、Cが占有の開始時に善意・無過失
であれば、Bの占有に瑕疵があるかどうかに
かかわらず、Cは10年の取得時効を主張できる。

 

解答×Cが前占有者Bの占有期間もあわせて
取得時効を主張するときには、Bの善意、悪意も
引き継ぐ。
したがってもしBが悪意であればCは10年の
時効取得を主張できない。

 

3 Aから土地を借りていたBが死亡し、借地で
あることを知らない相続人Cがその土地を相続に
より取得したと考えて利用していたとしてもCは
Bの借地人の地位を相続するだけなので、土地の
所有権を時効で取得することはない。

 

解答×被相続人が賃借人として所有の意思のない
占有を行っていた場合でも、相続人自身の占有が
所有の意思があるものと外形的客観的に
認められれば、所有権の時効取得もできる。

 

4 Cが期間を定めずBから土地を借りて
利用していた場合、Cの占有が20年を超えれば、
Cは20年の取得時効を主張することができる。

 

解答×Cの占有は賃借人としてする所有の意思の
ない占有であり、何年継続しても所有権を
時効取得することはない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら