宅地建物取引業者A (甲県知事免許) が甲県に建築
した一棟100戸建てのマンションを、
宅地建物取引業者B(国土交通大臣免許) に販売代理
を依頼し、Bが当該マンションの隣地 (甲県内) に
案内所を設置して契約を締結する場合、
宅地建物取引業法 (以下この問において「法」と
いう。) の規定によれば、次の記述のうち正しい
ものはどれか。

 

1 A及びBは当該マンションの所在する場所に
ついて、法第50条第1項に規定する標識を
それぞれ掲示しなければならない。

 

解答×物件の所在場所での標識の掲示義務を負うのは
売主である宅地建物取引業者Aだけである。

 

2 A及びBはその案内所について、それぞれの
法第50条第1項に規定する標識に専任の
取引主任者の氏名を記載しなければならない。

 

解答×本問の場合、案内所に標識の掲示義務を
負うのは販売代理業者Bだけで、売主Aは標識の
掲示義務を負わない。
なお、「標識に専任の取引主任者の氏名を
記載しなければならない。」という記述は正しい。

 

3 Bはその案内所に、業務に従事する者5人につき、
専任の取引主任者を1人置かなければならない。

 

解答×契約を締結し、又は契約の申込みを受ける
案内所等では、業務に従事する者の数に関係なく
専任の取引主任者を1人以上置かなければならない。

 

4 Bは法第50条第2項に定める届出を、その
案内所の所在地を管轄する甲県知事及び甲県知事を
経由して国土交通大臣に業務を開始する10日前
までにしなければならない。

 

解答○宅地建物取引業者は、専任の取引主任者を
置くべき案内所等を設置する場合にはあらかじめ、
所在地、業務内容、業務を行う期間及び専任の
取引主任者の氏名を免許を受けた国土交通大臣又は
都道府県知事及びその所在地を管轄する
都道府県知事に届け出なければならない。
(宅建業法50条2項)
また、「第50条第2項の規定により国土交通大臣に
提出すべき届出書は、その届出に係る業務を行う場所
の所在地を管轄する都道府県知事を経由しなければ
ならない。」とされる。
(宅建業法78条の3第2項)
さらに、宅建業法施行規則19条3項により、
法第50条第2項に定める届出の時期は業務を開始
する10日前までにしなければならない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら