宅地建物取引業法 (以下この問において「法」と
いう。) に関する次の規定のうち、
宅地建物取引業者Aが自ら完成前の物件の売主となり、
宅地建物取引業者Bに売却する場合に適用される
ものはどれか。

 

1 法第35条に基づく重要事項の説明

 

解答 適用される。
宅建業者間の取引でも重要事項の説明は必要である。

 

2 法第38条に基づく損害賠償額の予定等の制限

 

解答 適用されない。
宅建業者が売主、宅建業者以外の者が買主の場合に
適用される規定である。

 

3 法第39条に基づく手付の額の制限

 

解答 適用されない。
宅建業者が売主、宅建業者以外の者が買主の場合に
適用される規定である。

 

4 法第41条に基づく手付金等の保全措置

解答 適用されない。
宅建業者が売主、宅建業者以外の者が買主の場合に
適用される規定である。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら