宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」
という。)に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 Aが、その所有する農地を区画割りして宅地に
転用したうえで、一括して宅地建物取引業者Bに媒介
を依頼して、不特定多数の者に対して売却する場合、
Aは免許を必要としない。

 

解答×不特定多数の者に対して売却するのだから
宅建業の免許は必要である。

 

2 Cが、その所有地にマンションを建築したうえで、
自ら賃借人を募集して賃貸し、その管理のみをDに
委託する場合、C及びDは、免許を必要としない。

 

解答○自ら賃借人を募集して賃貸する行為については
宅建業の免許は不要である。
また、単にマンションを管理するだけの行為に
ついても宅建業の免許は不要である。

 

3 Eが、その所有する都市計画法の用途地域内の
農地を区画割りして、公益法人のみに対して反復継続
して売却する場合、Eは、免許を必要としない。

 

解答×公益法人のみに対して反復継続して売却する
行為も不特定多数の者に対して反復継続して売却する
行為と考えられる。
したがって宅建業の免許は必要となる。

 

4 Fが、甲県からその所有する宅地の販売の代理を
依頼され、不特定多数の者に対して売却する場合は、
Fは、免許を必要としない。

 

解答×宅地の販売の代理を依頼され、不特定多数の者
に対して売却するのだから宅建業の免許は必要
である。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら