農地法に関する次の記述のうち、誤っているものは
どれか。

 

1 市街化区域内の農地に住宅を建設する目的で
所有権を取得する場合には、必ず農業委員会の許可
を受けなければならない。

 

解答×農業委員会への届出でよい。

 

2 市街化調整区域内の山林の所有者が、その土地
を開墾し果樹園として利用した後に、その果樹園を
山林に戻す目的で杉の苗を植える場合には、農地法
第4条の許可を受ける必要がある。

 

解答○農地の転用として許可が必要である。

 

3 競売により市街化区域外の農地の買受人となり
所有権を取得しようとする場合には、農地法第3条
又は第5条の許可を受ける必要がある。

 

解答○競売による農地の所有権の取得であっても
農地法上の許可は必要である。

 

4 民事調停法による農事調停により農地の所有権
を取得する場合には、農地法第3条の許可を受ける
必要はない。

 

解答○農地法3条1項5号より正しい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法