土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいもの
はどれか。

 

1 土地区画整理事業の施行地区内においては、
土地区画整理法第76条の規定により、一定の
建築行為等について、国土交通大臣又は都道府県知事
の許可を必要とする規制がなされるが、
仮換地における当該建築行為等については、仮換地の
換地予定地的な性格にかんがみ、当該規制の対象外と
なっている。

 

解答×土地区画整理事業の施行地区内においては、
土地区画整理法第76条の規定により、一定の
建築行為等について、国土交通大臣又は都道府県知事
の許可を必要とする規制がなされるが、仮換地に
おける当該建築行為等についても当該規制の対象と
なっている。

 

2 土地区画整理法による建築行為等の規制に
違反して建築された建築物等については、施行者は、
事業の施行のため必要となったときは、いつでも
移転又は除却をすることができる。

 

解答×施行者は、事業の施行のため必要となった
ときは、いつでも移転又は除却できるという規定は
ない。
なお、「国土交通大臣又は都道府県知事は、
建築行為等の規制に違反した者等がある場合に
おいては、これらの者又はこれらの者から当該土地、
建築物その他の工作物又は物件についての権利を
承継した者に対して、相当の期限を定めて、
土地区画整理事業の施行に対する障害を排除する
ため必要な限度において、当該土地の原状回復を
命じ、又は当該建築物その他の工作物若しくは物件
の移転若しくは除却を命ずることができる。」
という規定はある。( 土地区画整理法76条4項)

 

3 仮換地指定の結果、使用し、又は収益する者の
いなくなった従前の宅地についても、従前の宅地に
関する権利は残るので、施行者は、
土地区画整理事業の工事を行うためには、当該従前
の宅地の所有者の同意を得なければならない。

 

解答×仮換地指定の結果、使用し、又は収益する者
のいなくなった従前の宅地については、施行者は、
当該従前の宅地の所有者等の同意を得ることなく、
土地区画整理事業の工事を行うことができる。

 

4 組合施行の土地区画整理事業において、
施行地区内の宅地について所有権又は借地権を
有する者は、すべてその組合の組合員となるので、
当該宅地について事業施行中に組合員から所有権を
取得した者は、当該組合の組合員となる。

 

解答○本肢のとおり。
( 土地区画整理法25条1項)

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法