次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば
正しいものはどれか。

 

1 宅地建物取引業者は、その業務に関して、
国土交通省令に定める事項を記載した帳簿を
一括して主たる事務所に備え付ければよい。

 

解答×
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務
に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引の
あったつど、その年月日、その取引に係る宅地又は
建物の所在及び面積その他国土交通省令で定める
事項を記載しなければならない。

 

2 宅地建物取引業者の従業者である取引主任者は、
取引の関係者から従業者証明書の提示を求められた
ときは、この証明書に代えて宅地建物取引主任者証
を提示すればよい。

 

解答×
従業者は、取引の関係者の請求があつたときは、
従業者証明書を提示しなければならない。
本肢のようなことは認められない。

 

3 宅地建物取引業者は、国土交通省令に定める
事項を記載した従業者名簿を、最終の記載をした日
から5年間保存すればよい。

 

解答×
宅地建物取引業者は、従業者名簿を、最終の記載を
した日から10年間保存しなければならない。

4 宅地建物取引業者は、その主たる事務所に
宅地建物取引業者免許証を掲げなくとも、
国土交通省令に定める標識を掲げればよい。

 

解答○
本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら