地価公示法に関する次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 土地鑑定委員会は、公示区域内の標準地
について、毎年1回、一定の基準日における
当該標準地の単位面積当たりの正常な価格を
判定し、公示する。

 

解答○土地鑑定委員会は、公示区域内の標準地
について、毎年一回、国土交通省令で定める
ところにより、二人以上の不動産鑑定士の
鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な
調整を行つて、一定の基準日における
当該標準地の単位面積当たりの正常な価格を
判定し、これを公示するものとする。
( 地価公示法2条1項)

 

2 土地鑑定委員が、標準地の選定のために
他人の占有する土地に立ち入ろうとする場合は、
必ず士地の占有者の承諾を得なければならない。

 

解答×土地鑑定委員が、標準地の選定のために
他人の占有する土地に立ち入ろうとする場合は、
その日の3日前までに士地の占有者にその旨を
通知しなければならない。
(地価公示法22条1項、同条2項)

 

3 不動産鑑定士は、公示区域内の土地に
ついて鑑定評価を行う場合において、当該土地
の正常な価格を求めるときは、公示価格と実際
の取引価格のうちいずれか適切なものを規準と
しなければならない。

 

解答×不動産鑑定士は、公示区域内の土地に
ついて鑑定評価を行う場合において、当該土地
の正常な価格を求めるときは、公示価格を規準
としなければならない。 (地価公示法8条)

 

4 公示価格を規準とするとは、対象土地の
価格を求めるに際して、当該対象土地に最も
近い位置に存する標準地との比較を行い、
その結果に基づき、当該標準地の公示価格と
当該対象土地の価格との間に均衡を保たせる
ことをいう。

 

解答×公示価格を規準とするとは、対象土地の
価格を求めるに際して、当該対象土地と
「これに類似する利用価値を有すると認められる
一又は二以上の標準地」との位置、地積、環境等
の土地の客観的価値に作用する諸要因についての
比較を行ない、その結果に基づき、当該標準地の
公示価格と当該対象土地の価格との間に均衡を
保たせることをいう。(地価公示法11条)

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法