農地法に関する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 市町村が農地を農地以外のものにするため
所有権を取得する場合、農地法第5条の許可を
得る必要はない。

 

解答×市町村が農地を農地以外のものにする
ため所有権を取得する場合、原則として
農地法第5条の許可を得る必要がある。
なお、その設置する道路、河川、堤防、水路等
の敷地に供するため、その区域内にある農地
又は採草放牧地を取得する場合は農地法第5条
の許可は不要である。

 

2 市街化調整区域内の農地を宅地に転用する
目的で所有権を取得する場合、あらかじめ
農業委員会に届け出れば農地法第5条の許可を
得る必要はない。

 

解答×市街化区域内の農地を宅地に転用する
目的で所有権を取得する場合、あらかじめ
農業委員会に届け出れば農地法第5条の許可を
得る必要はない。

 

3 農地の所有者がその農地のうち2アールを
自らの養畜の事業のための畜舎の敷地に転用
しようとする場合、農地法第4条の許可を得る
必要はない。

 

解答×耕作の事業を行なう者がその農地を
その者の耕作の事業に供する他の農地の保全
若しくは利用の増進のため又はその農地
(二アール未満のものに限る。)をその者の
農作物の育成若しくは養畜の事業のための
農業用施設に供する場合 、農地法第4条の
許可を得る必要はない。
(農地法施行規則5条1号)
本肢は2アールの農地を転用する場合であるから、
農地法第4条の許可が必要となる。

 

4 遺産の分割により農地の所有権を取得する
場合、農地法第3条の許可を得る必要はない。

 

解答○農地法3条1項7号より正しい。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら