土地区画整理事業の換地処分に関する次の記述の
うち、土地区画整理法の規定によれば、正しい
ものはどれか。

 

1 換地処分は、施行者が換地計画において
定められた関係事項を公告してするものとされて
いる。

 

解答×換地処分は、関係権利者に換地計画に
おいて定められた関係事項を通知してするもの
とする。 (土地区画整理法103条1項)

 

2 施行地区内の宅地について存する地役権は、
行使する利益がなくなった場合を除き、
換地処分に係る公告があった日の翌日以後に
おいても、なお従前の宅地の上に存する。

 

解答○土地区画整理法104条4項、5項より正しい。

 

3 換地処分に係る公告後、従前の宅地について
存した抵当権は消滅するので、換地に移行する
ことはない。

 

解答×従前の宅地について存した抵当権は、
換地処分の公告があった日の翌日から、換地に
移行する。

 

4 土地区画整理事業の施行により生じた
公共施設の用に供する土地は、換地処分に係る
公告があった日の翌日において、すべて市町村
の管理に属する。

 

解答×土地区画整理事業の施行により生じた
公共施設の用に供する土地は、換地処分の公告
があつた日の翌日において、その公共施設を
管理すべき者に帰属するものとする。
(土地区画整理法105条3項)

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら