Aは、Bとの間で、B所有の不動産を購入する
売買契約を締結した。ただし、AがA所有の
不動産を平成15年12月末日までに売却でき、
その代金全額を受領することを停止条件とした。
手付金の授受はなく、その他特段の合意もない。
この場合、民法の規定によれば、次の記述の
うち正しいものはどれか。

 

1 平成15年12月末日以前でこの停止条件の
成否未定の間は、契約の効力が生じていない
ので、Aは、この売買契約を解約できる。

 

解答×停止条件付き売買契約では停止条件の
成否未定の間は、契約の効力が生じていない
ものの契約は有効に成立している。
よって契約の効力が生じていないからといって
解約ができるわけではない。

 

2 平成15年12月末日以前でこの停止条件
の成否未定の間は、契約の効力が生じていない
ので、Bは、この売買契約を解約できる。

 

解答×1と同様。契約の効力が生じていない
からといって解約ができるわけではない。

 

3 平成15年12月末日以前でこの停止条件
の成否未定の間に、Aが死亡して相続が開始
された場合、契約の効力が生じていないので
Aの相続人は、この売買契約の買主たる地位を
相続することができない。

 

解答×停止条件付き契約の売主・買主としての
権利義務は相続の対象となる。
よってAの相続人は、この売買契約の買主たる
地位を相続することになる。

 

4 Aが、A所有の不動産の売買代金の受領を
拒否して、故意に停止条件の成就を妨げた場合、
Bは、その停止条件が成就したものとみなす
ことができる。

 

解答○条件成就によって不利益を受ける者が
故意に停止条件の成就を妨げた場合、相手方は
その停止条件が成就したものとみなすことが
できる。

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら