意思無能力者又は制限行為能力者に関する
次の記述のうち、民法の規定及び判例に
よれば、正しいものはどれか。

 

1 意思能力を欠いている者が土地を
売却する意思表示を行った場合、その親族が
当該意思表示を取り消せば、取消しの時点
から将来に向かって無効となる。

 

解答×意思無能力者の行った意思表示は
取り消すまでもなく最初から無効である。

 

2 未成年者が土地を売却する意思表示を
行った場合、その未成年者が婚姻を
していても、親権者が当該意思表示を
取り消せば意思表示の時点に遡って無効と
なる。

 

解答×未成年者が婚姻すると成年擬制が
働き、以降、成年者として扱われることに
なる。
つまり未成年者であることを理由とした
取消しはできなくなる。

 

3 成年被後見人が成年後見人の事前の
同意を得て土地を売却する意思表示を
行った場合、成年後見人は、当該意思表示
を取り消すことができる。

 

解答○成年被後見人は日常生活に関する
法律行為以外は成年後見人の同意があっても
有効になしえない。
したがって本肢のような場合にも
その意思表示は取り消すことができる。
なお、日常生活に関する法律行為以外を有効
になすには成年後見人が代理するしかない。

 

4 被保佐人が保佐人の事前の同意を得て
土地を売却する意思表示を行った場合、
保佐人は、当該意思表示を取り消すことが
できる。

 

解答×被保佐人が一定の重要な財産上の
処分行為をするには、その保佐人の同意を
得なければならない。
その裏返しとして被保佐人がその保佐人の
同意を得て行った意思表示については
取り消すことができない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら