AがBに建物を売却し、代金受領と引換えに
建物を引き渡し後に、Bがこの建物に
隠れた瑕疵があることを発見したが、売主の
瑕疵担保責任についての特約はない。
この場合、民法の規定及び判例によれば、
次の記述のうち誤っているものはどれか。

 

1 Bは、この瑕疵がAの責めに帰すべき
事由により生じたものであることを証明した
場合に限り、この瑕疵に基づき行使できる
権利を主張できる。

 

解答×
瑕疵担保責任は売主の無過失責任である。

 

2 Bは、この売買契約を解除できない場合
でも、この瑕疵により受けた損害につき、
Aに対し賠償請求できる。

 

解答○
善意無過失の買主は売主に対して
瑕疵担保責任を追及できるが解除が
できるのは瑕疵のために契約をした目的を
達することができないときに限られる。
この場合において、契約の解除をすることが
できないときは、損害賠償の請求のみをする
ことができる。

 

 

3 Bが、Aに対し、この瑕疵に基づき
行使できる権利は、Bが瑕疵を知った時から
1年以内に行使しなければならない。

 

解答○
本肢のとおり。

 

4 Bは、この瑕疵があるために、
この売買契約を締結した目的を達することが
できない場合に限り、この売買契約を解除
できる。

 

解答○
善意無過失の買主は売主に対して
瑕疵担保責任を追及できるが解除ができる
のは瑕疵のために契約をした目的を達する
ことができないときに限られる。
この場合において、契約の解除をすることが
できないときは、損害賠償の請求のみをする
ことができる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法