次の記述のうち、宅地建物取引業法 (以下この問に
おいて「法」という) の規定によれば、正しいものは
どれか。

 

1 法35条に規定する重要事項を記載した書面には、
説明した主任者Aが記名押印したが、法第37条に
規定する書面には、Aが不在であったため、
取引主任者でない従事者Bが、Aの記名押印を
行った。

 

解答×
宅地建物取引業者は、37条書面を作成したときは、
取引主任者をして、当該書面に記名押印させなければ
ならない。

 

2 法第37条に規定する書面は、宅地又は建物の
取引に係る契約書とは本来別個のものであるので、
必ず取引の契約書とは別に当該書面を作成し、
交付しなければならない。

 

解答×
法第37条に規定する書面は、宅地又は建物の取引
に係る契約書とは本来別個のものであるが、契約書
を37条書面として用いることは可能である。

 

3 法第35条の重要事項説明のうち、
宅地建物取引業者の相手方等の保護の必要性及び
契約内容の別を勘案して国土交通省令で
定められている事項は宅地又は建物の賃借に係る
事項であり、売買に係るものは含まれていない。

 

解答×
賃借に係る事項だけでなく、売買に係るものも
含まれている。

 

4 法第35条に規定する重要事項を記載した
書面には、説明した取引主任者Cが記名押印
したが、法第37条に規定する書面には、Cが
急病で入院したため専任の取引主任者Dが自ら
記名押印した。

 

解答○
35条書面と37条書面で記名押印をした
取引主任者が違っても問題はない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら