宅地建物取引業者Aが行う宅地建物取引業法第35条の
重要事項の説明に関する次の記述のうち、同条の規定に
違反しないものはどれか。

 

1 Aは、建物 (建築工事完了前) の売買の契約を
行うに際し、建物の完成時における主要構造部、内装
及び外装の構造又は仕上げ並びに設備の設置及び構造に
ついての図面を渡したのみで、当該図面の説明は
しなかった。

 

解答違反する
当該宅地又は建物が宅地の造成又は建築に関する工事の
完了前のものであるときは、重要事項の説明で
その完了時における形状、構造等を図面を交付して説明
をさせなければならない。

 

2 Aは、マンションの分譲を行うに際し、
当該マンションの管理規約案に「分譲業者であるAは
当該マンションの未販売住戸の修繕積立金を
負担しなくてもよい」とする規定があったが、これに
ついては説明しなかった。

 

解答違反する
マンションの分譲を行うに際しての重要事項説明では
「当該一棟の建物の計画的な維持修繕のための費用、
通常の管理費用その他の当該建物の所有者が
負担しなければならない費用を特定の者にのみ
減免する旨の規約の定めがあるときは、その内容」を
説明しなければならない。

 

3 Aは、中古マンションの売買の媒介を行うに際し、
当該マンション修繕の実施状況について、
当該マンションの管理組合及び管理業者に確認した
ところ修繕の実施状況の記録が保存されて
いなかったため、購入者にこの旨説明し、実施状況に
ついては説明しなかった。

 

解答違反しない
マンションの分譲を行うに際しての重要事項説明では
「当該一棟の建物の維持修繕の実施状況が記録されて
いるときは、その内容 」を説明しなければならない。
記録が保存されていなかったのなら、その旨を
説明すればよい。

 

4 Aは、建物の売買の契約を行うに際し、当該建物
は住宅の品質確保の促進等に関する法律の
住宅性能表示評価を受けた新築住宅であったが、
その旨説明しなかった。
解答違反する
建物の売買の契約を行うに際しての重要事項説明では
「当該建物が住宅の品質確保の促進等に関する法律に
規定する住宅性能評価を受けた新築住宅であるときは、
その旨 」を説明しなければならない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら