A (個人) の宅地建物取引業法の免許 (以下
この問において「免許」という) に関する次の記述
のうち、正しいものはどれか。

 

1 Aが、競売により取得した複数の宅地を、
宅地建物取引業者に媒介を依頼し売却する行為を
繰り返し行う場合、Aは免許を必要としない。

 

解答×
本肢のAは複数の宅地を、売却する行為を繰り返し
行うのだから宅建業の免許は必要である。
宅地建物取引業者に媒介を依頼していることが
宅建業の免許の要・不要に影響を与えることは
ない。

 

2 Aが、土地区画整理事業により造成された
甲市所有の宅地を、甲市の代理として売却する行為
を繰り返し行う場合、Aは免許を必要としない。

 

解答×
Aは他人を代理して売却する行為を繰り返し行う
のだから宅建業の免許は必要である。
国や地方公共団体は宅建業法の適用を受けないが、
そのことが代理人Aの宅建業の免許の要・不要に
影響を与えることはない。

 

3 Aが、組合方式による住宅の建築という名目で
組合参加者を募り、A自らは組合員となることなく、
当該組合員による住宅の建築のため、宅地の購入の
媒介を繰り返し行う場合、Aは免許を必要としない。

 

解答×
宅地の購入の媒介を繰り返し行うのだから宅建業の
免許は必要である。

4 Aが、賃貸物件の複数の所有者から一括して
借上げ、賃借人に自らまたは宅地建物取引業者に
媒介を依頼し賃貸する行為を繰り返し行う場合、
Aは免許を必要としない。

 

解答○
自ら貸主として賃貸する行為は宅建業ではないので
免許は不要である。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法