不動産登記に係る登録免許税に関する次の記述の
うち、正しいものはどれか。

 

1 土地の所有権の移転登記に係る登録免許税の
税率は、移転の原因にかかわらず一律である。

 

解答×
土地の所有権の移転登記に係る登録免許税の税率は、
移転の原因によって異なる。

 

2 土地の売買に係る登録免許税の課税標準は、
売買契約書に記載されたその土地の実際の取引価格で
ある。

 

解答×
土地の売買にかかる登録免許税の課税標準は実際の
取引価格ではなく固定資産課税台帳に登録された
価額である。

不動産の登記の場合における登録免許税の課税標準
たる不動産の価額は、当分の間、固定資産課税台帳に
登録された価額によることができる。

 

3 土地の所有権の移転登記に係る登録免許税の
納期限は、登記を受ける時である。

 

解答○
本肢のとおり。

 

4 土地の売買に係る登録免許税の納税義務は、土地
を取得したものにはなく、土地を譲渡した者にある。

 

解答×
登記等を受ける者は、この法律により登録免許税を
納める義務がある。この場合において、当該登記等を
受ける者が二人以上あるときは、これらの者は、
連帯して登録免許税を納付する義務を負う。
本肢の場合、土地を取得したもの、土地を譲渡した者
双方が連帯して登録免許税を納付する義務を負う。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら