次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の
推進に関する法律によれば、土砂災害特別警戒区域内
において都市計画法上の一定の開発行為をしようと
する者は、原則として市町村長の許可を受けなければ
ならない。

 

解答×
土砂災害特別警戒区域内において、都市計画法上
一定の開発行為で当該開発行為をする土地の区域内に
おいて建築が予定されている建築物の用途が
制限用途であるものをしようとする者は、原則として、
あらかじめ、都道府県知事の許可を受けなければ
ならない。

 

2 海岸法によれば、海岸保全区域内において土石の
採取などの行為をしようとする者は、原則として
海岸管理者の許可を受けなければならない。

 

解答○
本肢のとおり。

 

3 都市緑地法によれば、特別緑地保全地区内で
建築物の新築、改築等の行為をしようとする者は、
原則として都道府県知事の許可を受けなければ
ならない。

解答○
特別緑地保全地区内においては、建築物その他の
工作物の新築、改築又は増築は、原則として
都道府県知事の許可を受けなければ、しては
ならない。

4 急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律
によれば、急傾斜地崩壊危険区域内において水を
放流し、又は停滞させる等の行為をしようとする者は、
原則として都道府県知事の許可を受けなければ
ならない。

 

解答○
本肢のとおり。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法