都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち、
正しいものはどれか。

 

1 市街化区域内において、農業を営む者の居住の用に
供する建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為で
あれば、常に開発許可は不要である。

 

解答×
市街化区域内において、農業、林業若しくは漁業の用に
供する政令で定める建築物又はこれらの業務を営む者の
居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う
開発行為は1000平方メートル以上の規模なら開発許可が
必要である。
市街化区域以外の区域において農業、林業若しくは漁業
の用に供する政令で定める建築物又はこれらの業務を
営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する
目的で行う開発行為は常に開発許可は不要である。

 

2 市街化区域内において、農業の用に供する建築物の
用に供する目的で行う開発行為であれば、常に開発許可
は不要である。

 

解答×
市街化区域内において、農業、林業若しくは漁業の用に
供する政令で定める建築物又はこれらの業務を営む者の
居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う
開発行為は1000平方メートル以上の規模なら開発許可が
必要である。
市街化区域以外の区域において農業、林業若しくは漁業
の用に供する政令で定める建築物又はこれらの業務を
営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する
目的で行う開発行為は常に開発許可は不要である。

 

3 準都市計画区域内において、都市計画事業に当たる
民間事業者が行う 3,000平方メートルの住宅団地
建設の為の開発行為であれば常に開発許可は不要で
ある。

 

解答○
都市計画事業の施行として行う開発行為は区域や面積に
関係なく開発許可は不要である。

 

4 都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内に
おいて、都市計画事業に当たらない民間事業者が行う
5,000平方メートルの住宅団地建設のための開発行為
であれば、開発許可は必要である。

 

解答×
都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内において、
10,000平方メートル未満の開発行為は開発許可が
不要である。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法