不動産登記の申請に関する次の記述のうち、
誤っているものはどれか。

 

1 権利に関する登記の申請をするときは、
申請人又はその代理人は登記所に出頭しなければ
ならないので、郵送により登記申請をすることは
できない。

 

解答×
現在は出頭主義はとられていない。
郵送でも登記申請できる。

 

2 委任による登記申請の代理権は、本人の死亡
によって消滅する。

 

解答×
登記の申請をする者の委任による代理人の権限は
本人の死亡
本人である法人の合併による消滅
本人である受託者の信託の任務終了
法定代理人の死亡又はその代理権の消滅若しくは変更
という事由があっても消滅しない。

 

3 登記の申請は、登記権利者及び登記義務者が
共同してするのが原則であるが、相続による登記は、
登記権利者のみで申請することができる。

 

解答○
本肢のとおり。

 

4 登記権利者及び登記義務者が共同して申請する
ことを要する登記について、登記義務者が申請に
協力しない場合には、登記権利者が登記義務者に
対し登記手続を求める旨の判決を得れば、その
登記義務者の申請は要しない。

 

解答○
本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら