相続の承認及び放棄に関する次の記述のうち、
民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

 

1 相続の放棄をする場合、その旨を
家庭裁判所に申述しなければならない。

 

解答○
相続の放棄をしようとする者は、その旨を
家庭裁判所に申述しなければならない。

 

2 相続人が数人あるときは、限定承認は、
共同相続人の全員が共同してのみこれをする
ことができる。

 

解答○
本肢のとおり。

 

3 相続人が、自己のために相続の開始が
あったことを知った時から3ヵ月(家庭裁判所が
期間の伸長をした場合は当該期間)以内に
限定承認又は放棄をしなかったときは、
単純承認をしたものとみなされる。

 

解答○
本肢のとおり。

 

4 被相続人の子が、相続の開始後に相続放棄
をした場合、その者の子がこれを代襲して
相続人となる。

 

解答×
被相続人の子が、相続の開始以前に死亡した
とき、又は相続欠格事由に該当し、若しくは
廃除によって、その相続権を失ったときは、
その者の子がこれを代襲して相続人となる。
相続放棄は代襲相続の原因にはならない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法