建築物の構造に関する次の記述のうち、
正しいものはどれか。

 

1 木造の建築物に、鉄筋の筋かいを使用
してはならない。

 

解答×
このような禁止規定はない。

 

2 鉄筋コンクリート造に使用される鉄筋は、
コンクリートの表面にできる限り、近づけて
設けるのがよい。

 

解答×
鉄筋コンクリート造に使用される鉄筋は
コンクリートの表面とは一定以上の距離を
離さなければならない。
たとえば耐力壁・柱・はりでは
かぶり厚さ3cm以上とされている。

 

3 免震建築物の免震層には、積層ゴムや
オイルダンパー (油の粘性を利用して振動や
衝撃を和らげる装置) が使用される。

 

解答○
本肢のとおり。

4 鉄骨造では、必ず溶接によって接合
しなければならない。

 

解答×
溶接以外にもボルト接合、リベット接合、
国土交通大臣の認定を受けた接合方法など
でもよい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法