建築材料に関する次の記述のうち、誤っている
ものはどれか。

 

1 常温常圧において、鉄筋と
普通コンクリートを比較すると、温度上昇に
伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、
ほぼ等しい。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 コンクリ-トの引張強度は、一般に
圧縮強度の10分の1程度である。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 木材に一定の力をかけたときの圧縮に
対する強度は、繊維方向に比べて繊維に
直角方向のほうが大きい。

 

解答×木材の圧縮強度は繊維方向(縦圧)を
100とすると繊維方向に直角の方向(横圧)
は10~20となる。

 

4 木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら