宅地建物取引業者Aが
宅地建物取引業保証協会(以下この問において
「保証協会」という。)に加入した場合に
関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 Aについて弁済業務保証金が還付された
場合で、Aが、その還付された分に充当される
べき金額を、保証証協会の通知を受けた日から
2週問以内に保証協会に納付しないときは、
保証協会の社員としての地位を失う。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 Aは、保証協会に加入したときは、その
加入の日から2週間以内に、
弁済業務保証金分担金を保証協会に
納付しなければならない。

 

解答×宅地建物取引業者で
宅地建物取引業保証協会に加入しようとする者
は、その加入しようとする日までに、
弁済業務保証金に充てるため、主たる事務所
及びその他の事務所ごとに政令で定める額の
弁済業務保証金分担金を
当該宅地建物取引業保証協会に納付しなければ
ならない。

 

 

3 弁済業務保証金について弁済を受けること
のできる権利を有する者には、Aがチラシの
制作を依頼し、代金が未払である広告代理店
も含まれる。

 

解答×弁済業務保証金について還付請求が
できるのは、社員である宅建業者と
宅地建物取引業に関する取引をし、その取引に
より生じた債権を有する者に限られる。

 

 

4 弁済業務保証金について弁済を受ける権利
を有する者には、Aが保証協会の社員となる
前にAと宅地建物の取引をした者は含まれない。

 

解答×弁済業務保証金について弁済を受ける
権利を有する者には、保証協会の社員となる前に
宅地建物の取引をした者も含まれる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法