AとBとが共同で、Cから、C所有の土地を
2、000万円で購入し、代金を連帯して
負担する(連帯債務)と定め、CはA・Bに
登記引渡しをしたのに、A・Bが支払をしない
場合の次の記述のうち、民法の規定によれば、
正しいものはどれか。

 

1 Cは、Aに対して2、000万円の請求を
すると、それと同時には、Bに対しては、全く
請求をすることができない。

 

解答×債権者は連帯債務者の一人または全員に
対して同時にもしくは順番に債権の全額または
一部の請求ができる。

 

2 AとBとが、代金の負担部分を
1、000万円ずつと定めていた場合、Aは
Cから2、000万円請求されても、
1、000万円を支払えばよい。

 

2×連帯債務なのだから2000万円全額の
支払いが必要である。

 

3 BがCに2、000万円を支払った場合、
Bは、Aの負担部分と定めていた
1、000万円及びその支払った日以後の
法定利息をAに求償することができる。
3○負担部分の元本はもちろん、法定利息や
避けることができなかった費用、その他
損害賠償も求償権の範囲に含まれる。

 

4 Cから請求を受けたBは、Aが、Cに
対して有する1、000万円の債権をもって
相殺しない以上、Aの負担部分についても、
Bからこれをもって相殺することはできない。

 

4×連帯債務者の一人は他の連帯債務者の
一人が有する反対債権をもって相殺すること
ができる。
ただし、この場合の相殺できる金額の範囲は
反対債権を持つ他の連帯債務者の負担部分に
限られる。

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法