宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買の
媒介に際して相手方に交付する必要のある書面
に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法
の規定によれば、正しいものはどれか。
なお、この問において、「重要事項説明書」
又は「契約書面」とは、それぞれ同法
第35条又は同法第37条の規定に基づく書面
をいう。

 

1 契約の解除については、特に定めを
しなかったため、重要事項説明書にはその旨
記載し内容を説明したが、契約書面には記載
しなかった。

 

解答○契約の解除に関する事項は重要事項の
説明事項である。
したがって特に定めをしない場合にも、その旨
を記載し説明しなければならない。
契約の解除に関する事項は契約書面では
任意的記載事項(定めがあれば必ず
記載しなければならない事項)とされる。
つまり特に定めをしなければ記載する必要は
ないのである。

 

2 代金の額及びその支払の時期については、
重要事項説明書に記載し内容を説明したが、
契約書面には記載しなかった。

 

解答×代金の額及びその支払の時期は契約書面
では必要的記載事項なので特に定めを
しなくても記載しなければならない。
重要事項説明書に記載する必要はない。

 

3 宅地及び建物の引渡しの時期については、
特に定めをしなかったため、重要事項説明書
にはその旨記載し内容を説明したが
契約書面には記載しなかった。

 

解答×宅地及び建物の引渡しの時期は契約書面
では必要的記載事項なので特に定めを
しなくても記載しなければならない。
重要事項説明書には記載する必要がない。

 

 

4 移転登記の申請の時期については、特に
定めをしなかったため、重要事項説明書には
その旨記載し内容を説明したが、契約書面には
記載しなかった。

 

解答×移転登記の申請の時期については
契約書面では必要的記載事項なので特に定めを
しなくても記載しなければならない。
重要事項説明書には記載する必要がない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法