宅地建物取引業者が、マンションの一戸の
賃貸借の媒介を行うに際し、宅地建物取引業法
第35条の規定による重要事項の説明を行った。
この場合、次の記述のうち、同条の規定に違反
しないものはどれか。

 

1 マンションの所有者についての登記名義人は
説明したが、当該マンションに係る
登記されている抵当権については説明しなかった。

 

解答 違反する。
当該宅地又は建物の上に存する登記された権利の
種類及び内容並びに登記名義人は重要事項として
説明が必要である。

 

2 敷金の額については説明したが、その敷金を
どのように精算するかについては説明しなかった。

 

解答 違反する。
敷金その他いかなる名義をもつて授受されるかを
問わず、契約終了時において精算することと
されている金銭の精算に関する事項は重要事項
として説明が必要である。

 

3 建物の区分所有等に関する法律に規定する
専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約
の定め (その案を含む。 ) がなかったので、
そのことについては説明しなかった。

 

解答 違反しない。
専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約
の定め(その案を含む。 )があるときは、
その内容 について重要事項説明が必要であるが
専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約
の定め(その案を含む。 )がなければ
重要事項説明は不要である。

 

4 マンションの管理の委託を受けている法人に
ついては、その商号又は名称は説明したが、その
主たる事務所の所在地については説明しなかった。

 

解答 違反する。
当該一棟の建物及びその敷地の管理が委託されて
いるときは、その委託を受けている者の氏名
(法人にあつては、その商号又は名称)及び住所
(法人にあつては、その主たる事務所の所在地)は
重要事項として説明が必要である。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら