宅地建物取引業法 (以下この問において「法」と
いう。 ) に規定する取引主任者に関する次の記述
のうち、正しいものはどれか。

 

1 都道府県知事は、宅地建物取引主任者資格試験
を不正の手段で受験したため合格決定が
取り消された者について、同試験の受験を以後
5年間禁止する措置をすることができる。

 

解答×5年間ではなく、3年間である。

 

2 宅地建物取引主任者資格試験に合格した者でも、
3年間以上の実務経験を有しなければ、法第18条
第1項の登録を受けることができない。

 

解答×試験に合格した者で、宅地若しくは建物の
取引に関し2年以上の実務の経験を有するもの又は
国土交通大臣がその実務の経験を有するものと
同等以上の能力を有すると認めたものは、試験を
行った都道府県知事の登録を受けることができる。

 

3 甲県内に所在する事務所の専任の取引主任者は、
甲県知事による法第18条第1項の登録を
受けている者でなければならない。

 

解答×本肢のような制限はない。

 

 

4 宅地建物取引主任者証を滅失した取引主任者は、
宅地建物取引主任者証の再交付を受けるまで、
法第35条の規定による重要事項の説明をすること
ができない。

 

解答○取引主任者は、重要事項の説明をするときは、
説明の相手方に対し、取引主任者証を
提示しなければならないとされる。
したがって本肢のとおりとなる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法