A所有の甲地は袋地で、Aが所有していない
回りの士地(囲繞地)を通る通路を
開設しなければ公道に出ることができない。
この場合、民法の規定及び判例によれば、次の
記述のうち正しいものはどれか。

 

1 Aは、囲繞地の所有者に代償を支払えば、
自己の意思のみによって通行の場所及び方法を
定め、囲繞地に通路を開設することができる。

解答×通行の場所及び方法は、通行権を有する
者のために必要であり、かつ、他の土地の
ために損害が最も少ないものを選ばなければ
ならない。
また、必要があるときに限って、通路を
開設することができるとされている。

2 Bが、Aから甲地を譲り受けた場合には、
Bは、所有権移転の登記を完了しないと、
囲繞地に通路を開設することができない。

解答×袋地の所有権を取得した者は、
所有権取得登記を経由していなくても、
囲繞地の所有者ないし利用権者に対して、
囲繞地通行権を主張することができる。

3 甲地が、A及びCの共有地の分割によって
袋地となったときには、Aは、Cが所有する
分割後の残余地にしか通路を開設することが
できない。

解答○共有地の分割によって公道に通じない
土地が生じたときは、その土地の所有者は、
公道に至るため、他の分割者の所有地のみを
通行することができる。

4 甲地が、D所有の土地を分筆してAに
売却した結果、袋地になった場合で、Dが、
甲地の譲渡後その残余地である乙地をEに
売却したときには、Aは乙地に通路を開設
することができない。

解答×土地の所有者が土地を分筆して一部を
譲り渡した結果、公道に通じない土地が生じた
ときも、その土地の所有者は、公道に至るため、
他の分筆された土地のみを通行することが
できる。
そしてこの通行権は、通行の対象となる土地に
特定承継が生じた場合にも消滅しない。

松村保誠の宅建試験最短最速合格法