次の記述のうち誤っているものはどれか。

 

1 宅地造成等規制法によれば、
宅地造成工事規制区域内において行われる
宅地造成に関する工事の請負人は、工事に
着手する前に、原則として都道府県知事の許可を
受けなければならない。

 

解答×宅地造成工事規制区域内において行われる
宅地造成に関する工事については、造成主は、
当該工事に着手する前に、、都道府県知事の許可
を受けなければならない。

 

2 生産緑地法によれば、生産緑地地区内に
おいて建築物の新築、改築又は増築を行おうと
する者は、原則として市町村長の許可を
受けなければならない。

 

解答○本肢のとおり

 

3 河川法によれば、河川保全区域内において
工作物の新築又は改築をしようとする者は、
原則として河川管理者の許可を受けなければ
ならない。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 流通業務市街地の整備に関する法律によれば、
流通業務地区において住宅を建設しようと
する者は、原則として都道府県知事の許可を
受けなければならない。

 

解答○本肢のとおり。

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法